セキュリティ関連ニュース

患者の検査結果など含むUSBメモリを紛失 – 横浜市立大病院

公開日:2015年04月13日

キーワード:          

横浜市立大学付属病院の心理療法士が、患者の個人情報を保存したUSBメモリを、院内で紛失したことがわかった。

4月8日に、バックアップに用いていたUSBメモリを紛失したもの。同日8時半ごろ、復職支援プログラムで利用するデータをパソコンからUSBメモリに保存。院内のデイケアルームへ持参し、使用しようとしたところ、なくしていることに気が付いた。

所在不明となっているUSBメモリには、患者約200人の心理検査報告書が保存されていた。氏名や生年月日、性別、カルテ番号、心理検査結果などが含まれる。対象となる患者の特定はできておらず、同院では特定を進めている。(Security NEXT – 2015/04/13 )

http://www.security-next.com/057502

「FKEY VDI 仮想デスクトップ」製品は大切なデータを手元で管理 「FKEYシンクライアント」を併用すればさらに強固にデータを保護します!

VDIスイート
サーバールームを必要とせず、コンパクトな防音仕様のラックに収めたレディメイド型サーバーシステム。 スモールスタートからの仮想デスクトップの導入・運用に最適です。 なお、本製品は「生産性向上設備投資促進税制」が適用されます。

vdisuite_200x200

PAGE TOP