セキュリティ関連ニュース

患者情報9000件含むUSBメモリが所在不明 – 富山市民病院

公開日:2018年08月29日

キーワード:      

富山市立富山市民病院において、患者約9000人分の個人情報が保存されたUSBメモリが所在不明になっていることがわかった。

問題のUSBメモリには、2014年10月から2018年7月までの患者の退院調整記録が保存されていた。患者約9000人分の氏名やID、年齢、病名、診療科名、入退院日、退院調整の内容、ケアマネージャーの氏名、入院前と退院後の医療機関名などが含まれる。

今回の問題で対象となる患者に対し、同院から連絡を取ることはないとし、問い合わせに対して電話窓口で対応するとしている。(Security NEXT – 2018/08/29 )

http://www.security-next.com/097407

PAGE TOP