セキュリティ関連ニュース

キーワード:医療

病院で患者情報含むUSBメモリが所在不明に

公開日:2017年07月18日

熊本市の御幸病院において、患者の個人情報が保存されたUSBメモリが所在不明になっている。 問題のUSBメモリには、4月分の患者別の診療データ1281件が保存されていた。氏名や住所、ID、入退院日、診療行為名、診療回数、病 […]

続きをよむ

患者情報含むUSBメモリを紛失 – 茨城県立中央病院

公開日:2017年06月07日

茨城県立中央病院の医師が、患者の個人情報を保存したUSBメモリを紛失していたことがわかった。 同院によれば、同院の医師が患者15人分の個人情報を保存したUSBメモリを紛失したもの。紛失した情報の外部流出は確認されていない […]

続きをよむ

患者情報を紛失、匿名による郵送で発覚 – 神戸中央病院

公開日:2017年03月13日

神戸中央病院の医師が、患者の個人情報を保存した私物のUSBメモリを一時紛失していたことがわかった。 問題のUSBメモリには、同院で検査を受けた患者10人の氏名、およびMRIと内視鏡の画像データが保存されていた。そのうち4 […]

続きをよむ

約3600人分の患者情報含むUSBメモリを紛失 – 埼玉県

公開日:2017年02月01日

埼玉県立循環器・呼吸器病センターの医師が、患者の個人情報が保存されたUSBメモリを鞄ごと紛失したことがわかった。 同県によれば、医師が自宅のパソコンでデータを整理するため無許可で持ち出したUSBメモリを、帰宅途中に鞄ごと […]

続きをよむ

市立病院で患者情報含むUSBメモリを紛失 – 横浜市

公開日:2017年01月10日

横浜市立みなと赤十字病院の研修医が、地下鉄で移動中に患者の診療情報が保存されたUSBメモリを紛失したことがわかった。 USBメモリには、患者14人の氏名や生年月日、病院名、手術記録、放射線と内視鏡の画像、検体検査、心電図 […]

続きをよむ

療養費データ12.7万人分のデータが所在不明 – 大阪府国保連

公開日:2016年12月13日

大阪府国民健康保険団体連合会において、後期高齢者医療における9月分の療養費に関するデータが保存された光磁気ディスクを紛失したことがわかった。 同ディスクには、9月分の「柔道整復施術療養費」と「はり・きゅう、あん摩・マッサ […]

続きをよむ

個人情報含むPCが盗難被害 – 日本診療放射線技師会

公開日:2016年11月22日

日本診療放射線技師会は、関係者の個人情報が保存されたノートパソコンが盗まれたことを明らかにした。 問題の端末には、講習会の受講者や委員会の委員など1022人分の個人情報が保存されていた。(Security NEXT – […]

続きをよむ

患者の個人情報含むSDカードを紛失 – 京大病院

公開日:2016年09月27日

京都大学医学部付属病院において、患者の個人情報が保存されたSDメモリカードの紛失が判明した。 紛失したSDカードには、カードの使用期間中に入院していた患者41人をはじめ、最大で138人分の情報が保存されていた可能性がある […]

続きをよむ

委託先で患者情報含むHDDなどが盗難 – 伊勢崎市民病院

公開日:2016年08月17日

伊勢崎市民病院は、委託先において車上荒らしによる盗難が発生し、手術データ1万5158件が保存されたハードディスクが被害に遭ったことを明らかにした。 8月11日夜から12日朝にかけて、委託先であるのホギメディカルの従業員が […]

続きをよむ

神戸中央病院の地域支援センターで個人情報入りUSBメモリが所在不明

公開日:2016年06月21日

神戸中央病院において、個人情報を保存したUSBメモリが所在不明となっていることがわかった。 同院を運営する地域医療機能推進機構によれば、6月2日に同院の地域包括支援センターで、USBメモリの紛失が発生したもの。問題のUS […]

続きをよむ

PAGE TOP