セキュリティ関連ニュース

三井住友銀で不正送金被害、情報詐取直後には不正送金

公開日:2014年05月14日

キーワード:      

三井住友銀行は、同社が提供するオンラインバンキング「SMBCダイレクト」の利用者を狙った攻撃が巧妙化しているとして注意を呼びかけている。

同社が確認した攻撃ではマルウェアを利用しており、感染した端末上で同サービスへのログイン後に偽画面を表示。暗証番号や顧客情報の入力を求め、詐取していた。誤って情報を入力すると、直後に不正な取引が実行され、直後には被害が発生するという。(Security NEXT – 2014/05/14 )

http://www.security-next.com/048774

PAGE TOP