学校、医療施設などで個人情報を共有

デリケートな個人情報をより安全に共有したい

ICT化の流れにより、今まで紙媒体でやりとりしていた情報がますます電子データ化されてきました。学校では生徒の登録情報や成績情報などがデータ化され、病院など医療機関ではカルテや診察情報がデータ化されています。

個人情報やセンシティブ情報を含む大切なデータを業務に関わる多数名で共有するためには、不用意にデータが外部に流出する心配のない、安全にデータ共有できる環境が必要となります。

FKEYシンクライアントは手元のPCにデータを保存せず、 外部への情報流出を防ぎます

scene02_img02

FKEYシンクライアントは、Windows パソコンのUSBポートに挿したFKEYシンクライアントから独自OSを起動し、手元のパソコンをセキュアなシンクライアント端末に変身させます。その際に手元のパソコンのOSを一切利用せず、内蔵ハードディスクのデータにもアクセスしません。またFKEYシンクライアントにも一切データが保存されることはありません。

※パソコンのシンクライアント化が可能なFKEY製品は指紋認証型とパスフレーズ認証型がございます。ここでは例として指紋認証型FCI130Aをご紹介しています。

FKEYシンクライアントについて詳しく見る

他の利用シーンを見る

PAGE TOP