セキュリティ関連ニュース

「脅し」だけでなく「窃盗」でも仮想通貨を狙う「ランサムウェア」

公開日:2017年08月17日

キーワード:    

ランサムウェアの「Cerber」に仮想通貨を窃取する機能が追加された亜種が出回っていることがわかった。窃取にくわえ、データを削除されるおそれもあるという。

同マルウェアは、2016年3月ごろより確認されている暗号化型のランサムウェア。国内でも感染活動が確認されている。

これまでに複数の感染経路が確認されているが、今回確認された同亜種は、メールで感染を拡大。メールに添付されたJavaScriptファイルがダウンローダーとなり、感染するしくみだったという。(Security NEXT – 2017/08/17 )

http://www.security-next.com/084875

パソコンにインストールするだけで分離ソリューションを実現する「FKEY SConnect(エスコネクト)」や、パソコンを簡単にシンクライアント端末化する「FKEYシンクライアント」は、情報漏えいやマルウェア感染を防止します。

FSV100H (ソフトウェア版)
テレワークに最適な、分離によるセキュリティを実現するソフトウェア。Windows環境から完全に分離したFKEY環境を作り、安心して各種ウェブサイトやリモートデスクトップにアクセスできます。

sconnect_200x200_new_straight

FCI130A(指紋認証)
ハイセキュリティ仕様の指紋認証型FKEY シンクライアント。最新バージョンのFKEY OSを搭載しており、UEFIモード搭載PCにも対応。

757cfa_FCI130A_Straight

FCE130A(パスフレーズ認証)
ハイセキュリティ仕様のパスフレーズ認証型FKEY シンクライアント。最新バージョンのFKEY OSを搭載しており、UEFIモード搭載PCにも対応。

2937_FCE130A_Straight

FCM130A(パスフレーズ認証)
パスワード認証を備えたUSBシンクライアント。 パソコンに挿して起動するだけでシンクライアント端末化を実現。 データ通信、VPNやリモートデスクトップに幅広く対応した標準仕様。

fcm130a_200x200_New_Straight

PAGE TOP