プレスリリース

NTTドコモ「Xi」(クロッシィ)データ通信に対応したFKEYモバイルシンクライアント・バージョンアップ版を製品出荷

公開日:2011年11月11日

応用電子(本社:東京都品川区、代表取締役社長:矢野正博)は、シンクライアントツール「FKEYモバイルシンクライアント」につきまして、次の追加機能を含むバージョンアップ版(v1.6-3)を本日製品出荷しましたことを発表いたします。

●次世代通信LTEサービスに対応したNTTドコモ「Xi」(クロッシィ)データ通信端末L-02Cに対応しました。
●FOMAデータ通信端末L-08Cに対応しました。
●無線LANの認証方式としてWPA-PSKおよびWPA2-PSKに対応しました。
●公衆無線LAN接続で、接続に成功した場合の暗号化キーを保存できるようにしました。
●システムアップデート(オンラインで新バージョンに更新できる機能)を管理者が制限できるようにしました。
●製品および設定情報のバージョン情報が表示されるようにしました。
●ログイン時のパスフレーズ入力文字の確認ができるようにしました。
●ランチャーウィンドウをユーザーが移動できるようにしました。

NTTドコモの「Xi」データ通信サービスでは受信時に最大37.5Mbps、送信時には最大12.5Mbps(Xiエリア内の一部の室内施設では受信時最大75Mbps、送信時最大25Mbps)の超高速通信が可能であり、従来の受信時最大7.2MbpsのFOMA通信サービスと比べて5倍以上の通信パフォーマンスが得られます。

現在、在宅勤務システムとして、本製品をNTTドコモが販売し、システム開発を三菱総研DCS(東京都品川区東品川4-12-2、木村高志社長)が担っております。また、本製品をNTTドコモが買い取り、ミカサ商事(大阪市中央区島町2-4-12、中村公三郎社長)がNTTドコモから仕入れ、モバイルシンクライアントシステムに仕上げて販売しております。

【本件に関するお問い合わせ先】
会社名:株式会社応用電子 http://www.appliedelectronics.jp/
本社:東京都品川区西五反田七丁目13番5号 DK五反田2F
お問い合わせ先:お問い合わせフォームよりお問い合わせください

PAGE TOP