セキュリティ関連ニュース

国立感染症研究所がスパムの踏み台に – 管理者装うフィッシングでアカウント奪われる

公開日:2014年04月18日

キーワード:      

国立感染症研究所の職員がフィッシング被害に遭い、メールのアカウント情報を奪われ、スパムメール送信の踏み台に悪用されたことがわかった。

今回のフィッシングにより、盗まれたアカウントから、約2000件の迷惑メールが送信された。メールサーバ上にあったデータの外部漏洩については否定。それ以外のシステムへの侵入や改ざんなども発生していないと説明している。(Security NEXT – 2014/04/18 )

http://www.security-next.com/048178

PAGE TOP