セキュリティ関連ニュース

全企業に対応迫る 新たな「個人情報」の重荷

公開日:2013年11月15日

キーワード:    

2016年1月から利用が始まるマイナンバー制度。税金の徴収漏れを防ぐ狙いもあるため、国内の全企業が対応を迫られる。給与や諸手当、年金といった税や社会保障に関連する手続きで個人番号を介することになる。関係するのは政府や自治体だけと思われがちだが、実は企業活動への影響も大きい。

番号がついた文書は「特定個人情報」として扱われるため厳重な管理が義務付けられる。万一、外部漏洩があれば刑事罰が科せられる。従業員が退社した場合などは情報の廃棄も必要になる。個人情報の管理徹底のために、システムの抜本的な見直しや新規導入を迫られる場合もある。(2013年11月15日付日経引用)

http://www.nikkei.com/paper/article/?ng=DGKDZO62597080U3A111C1TJ2000

「FKEYシンクライアント」をハードディスク非搭載可能な「FKEY PC」(周辺機器) と併用すれば情報漏えい問題は解決です!

FCI130A(指紋認証)
ハイセキュリティ仕様の指紋認証型FKEY シンクライアント。最新バージョンのFKEY OSを搭載しており、UEFIモード搭載PCにも対応。

757cfa_FCI130A_Straight

FCE130A(パスフレーズ認証)
ハイセキュリティ仕様のパスフレーズ認証型FKEY シンクライアント。最新バージョンのFKEY OSを搭載しており、UEFIモード搭載PCにも対応。

2937_FCE130A_Straight

FCM130A(パスフレーズ認証)
パスワード認証を備えたUSBシンクライアント。 パソコンに挿して起動するだけでシンクライアント端末化を実現。 データ通信、VPNやリモートデスクトップに幅広く対応した標準仕様。

fcm130a_200x200_New_Straight

PAGE TOP