セキュリティ関連ニュース

「Skylake」上の「Windows 7/8.1」サポートは2018年7月まで – 以降も「緊急パッチ」は提供

公開日:2016年03月22日

キーワード:      

米Microsoftは、第6世代Intel Coreプロセッサ「Skylake」上で動作する「Windows 7」「Windows 8.1」について、2018年7月17日までサポートする方針であることを明らかにした。同日以降も「緊急パッチ」に関しては、各OSの延長サポート期間中は提供するとしている。

同社では、「Windows 7」について2020年1月14日、「Windows 8.1」に関しては2023年1月10日までをサポート期間とする一方、これらポリシーは「従来世代のチップに限定」する方針を1月に発表。「Skylake」を搭載した対象機器については、サポート期間を2017年7月17日までとするサポートポリシーを発表していたが、今回1年間の延長を決めた。

同チップ搭載端末については、サポートを終了しつつも、それぞれのOSの延長サポート期間に関しては、同日以降も「セキュリティ更新プログラム」を提供。従来は提供にあたり一部条件を設けていたが今回変更し、「緊急」にレーティングされた「すべてのセキュリティアップデート」を提供するとしている。

同社は「Skylake」搭載機器の利用者に対し「Windows 10」への移行を促しつつも、今回の決定について「最新のハードウェアを安心して購入いただくため」と説明している。

1月の発表では、信頼性や互換性の維持を理由に、今後投入される新世代のチップについては、リリース時点における最新の「Windows」のみサポート対象とすることを同社は表明。

「Skylake」については、対象リストにある機器に対し、「Windows 7」「Windows 8.1」のサポート期間を2017年7月17日までとし、以降はセキュリティ更新プログラムを、各OSの延長サポート期間の終了まで、信頼性や互換性に関するリスクがないことを条件に、「緊急」のプログラムを提供するとしていた。(Security NEXT – 2016/03/22 )

http://www.security-next.com/068126

「FKEY VDI 仮想デスクトップ」製品は大切なデータを手元で管理「FKEYシンクライアント」を併用すればさらに強固にデータを保護します!

FCI130A(指紋認証)
ハイセキュリティ仕様の指紋認証型FKEY シンクライアント。最新バージョンのFKEY OSを搭載しており、UEFIモード搭載PCにも対応。

757cfa_FCI130A_Straight

FCE130A(パスフレーズ認証)
ハイセキュリティ仕様のパスフレーズ認証型FKEY シンクライアント。最新バージョンのFKEY OSを搭載しており、UEFIモード搭載PCにも対応。

2937_FCE130A_Straight

FCM130A(パスフレーズ認証)
パスワード認証を備えたUSBシンクライアント。 パソコンに挿して起動するだけでシンクライアント端末化を実現。 データ通信、VPNやリモートデスクトップに幅広く対応した標準仕様。

fcm130a_200x200_New_Straight

VDIスイート
サーバールームを必要とせず、コンパクトな防音仕様のラックに収めたレディメイド型サーバーシステム。 スモールスタートからの仮想デスクトップの導入・運用に最適です。 なお、本製品は「生産性向上設備投資促進税制」が適用されます。

vdisuite_200x200

VDIクラウド
NTTコミュニケーションズの「Bizホスティングベーシック」を利用したクラウド型仮想デスクトップ環境(特許申請中) 安心・安全なサーバー環境をモバイルシーンでもご活用いただけます。

vdicloud_200x200

PAGE TOP