セキュリティ関連ニュース

病院で患者情報含むUSBメモリが所在不明に

公開日:2017年07月18日

キーワード:      

熊本市の御幸病院において、患者の個人情報が保存されたUSBメモリが所在不明になっている。

問題のUSBメモリには、4月分の患者別の診療データ1281件が保存されていた。氏名や住所、ID、入退院日、診療行為名、診療回数、病棟名などが含まれる。パスワードは設定されていない。(Security NEXT – 2017/07/18 )

http://www.security-next.com/083902

パソコンにインストールするだけで分離ソリューションを実現する「FKEY SConnect(エスコネクト)」や、パソコンを簡単にシンクライアント端末化する「FKEYシンクライアント」は、情報漏えいやマルウェア感染を防止します。

FSV100H (ソフトウェア版)
テレワークに最適な、分離によるセキュリティを実現するソフトウェア。Windows環境から完全に分離したFKEY環境を作り、安心して各種ウェブサイトやリモートデスクトップにアクセスできます。

sconnect_200x200_new_straight

FCI130A(指紋認証)
ハイセキュリティ仕様の指紋認証型FKEY シンクライアント。最新バージョンのFKEY OSを搭載しており、UEFIモード搭載PCにも対応。

757cfa_FCI130A_Straight

FCE130A(パスフレーズ認証)
ハイセキュリティ仕様のパスフレーズ認証型FKEY シンクライアント。最新バージョンのFKEY OSを搭載しており、UEFIモード搭載PCにも対応。

2937_FCE130A_Straight

FCM130A(パスフレーズ認証)
パスワード認証を備えたUSBシンクライアント。 パソコンに挿して起動するだけでシンクライアント端末化を実現。 データ通信、VPNやリモートデスクトップに幅広く対応した標準仕様。

fcm130a_200x200_New_Straight

PAGE TOP