セキュリティ関連ニュース

2016年に漏えいした個人情報は1510万6784人~JNSA調査

公開日:2017年06月16日

キーワード:  

日本ネットワーク・セキュリティ協会(JNSA)は14日、「2016年情報セキュリティインシデントに関する調査報告書(個人情報漏えい編)」を発表した。インシデント件数は468件、個人情報が漏えいした人数は1510万6784人だった。

インシデント件数は2015年から減少しおり、特に10人までの規模の減少が顕著だった。

また、紙媒体や、USBストレージなどの可搬記録媒体によるインシデントの件数も減少している。この理由にはクラウドの普及が挙げられているが、教育・医療分野では、可搬記録媒体でのインシデントが減っていないという。一方で、インターネット経由のインシデントはほとんど減少していない。新たな攻撃手法が次々に発生し、対策の見直しを行う必要もあるため、ほかの媒体や経路と比べ、リスクが高いとしている。(INTERNET Watch – 2017/06/16 )

http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/1065702.html

パソコンにインストールするだけで分離ソリューションを実現する「FKEY SConnect(エスコネクト)」や、パソコンを簡単にシンクライアント端末化する「FKEYシンクライアント」は、情報漏えいやマルウェア感染を防止します。

FSV100H (ソフトウェア版)
テレワークに最適な、分離によるセキュリティを実現するソフトウェア。Windows環境から完全に分離したFKEY環境を作り、安心して各種ウェブサイトやリモートデスクトップにアクセスできます。

sconnect_200x200_new_straight

FCI130A(指紋認証)
ハイセキュリティ仕様の指紋認証型FKEY シンクライアント。最新バージョンのFKEY OSを搭載しており、UEFIモード搭載PCにも対応。

757cfa_FCI130A_Straight

FCE130A(パスフレーズ認証)
ハイセキュリティ仕様のパスフレーズ認証型FKEY シンクライアント。最新バージョンのFKEY OSを搭載しており、UEFIモード搭載PCにも対応。

2937_FCE130A_Straight

FCM130A(パスフレーズ認証)
パスワード認証を備えたUSBシンクライアント。 パソコンに挿して起動するだけでシンクライアント端末化を実現。 データ通信、VPNやリモートデスクトップに幅広く対応した標準仕様。

fcm130a_200x200_New_Straight

PAGE TOP