セキュリティ関連ニュース

居住者情報が保存された機器を誤廃棄 – 埼玉県内の郵便局

公開日:2015年08月05日

キーワード:      

埼玉県東松山市の東松山郵便局において、配達地区の居住者情報8217件を記録した機器を誤廃棄していたことがわかった。

日本郵便によれば、誤って廃棄したのは、郵便物の配達に使用する居住者情報を記録、管理する機器。7月30日に判明したもので、機器には比企郡嵐山町全域の居住者の氏名や住所など8217件が保存されていたという。

同社では、機器内部のデータには複数のパスワードが設定されているとし、情報が読み取られる可能性は低いと説明している。(Security NEXT – 2015/08/05 )

http://www.security-next.com/061181

「FKEY VDI 仮想デスクトップ」製品は大切なデータを手元で管理「FKEYシンクライアント」を併用すればさらに強固にデータを保護します!

VDIスイート
サーバールームを必要とせず、コンパクトな防音仕様のラックに収めたレディメイド型サーバーシステム。 スモールスタートからの仮想デスクトップの導入・運用に最適です。 なお、本製品は「生産性向上設備投資促進税制」が適用されます。

vdisuite_200x200

PAGE TOP