セキュリティ関連ニュース

ネット銀行のID・パスワードが盗まれる被害が急増! 「DreamBot」に感染させるメールが日本を標的に大量送信

公開日:2017年12月12日

キーワード:    

警視庁サイバー犯罪対策課が、インターネットバンキングマルウェア「DreamBot」の感染被害が10月以降増加しているとして、注意を促している。

DreamBotに感染したことで不正に窃取されたインターネットバンキングのユーザーID、パスワードは2017年7月~9月に月20件ほどだったが、10月以降は月70件ほどに増加した。

一般財団法人日本サイバー犯罪対策センター(Japan Cybercrime Control Center: JC3)によると、DreamBotに感染させるウイルスメールは日本を標的として大量に送信されており、結果的に国内の感染被害が拡大しているという。ウイルスメールは実在する組織やサービスをかたっており、本文中に記載されたリンクをクリックすることでマルウェアがダウンロードされ、感染する恐れがある。(INTERNET Watch – 2017/12/12 )

https://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/1096433.html

パソコンにインストールするだけで分離ソリューションを実現する「FKEY SConnect(エスコネクト)」や、パソコンを簡単にシンクライアント端末化する「FKEYシンクライアント」は、情報漏えいやマルウェア感染を防止します。

FSV100H (ソフトウェア版)
テレワークに最適な、分離によるセキュリティを実現するソフトウェア。Windows環境から完全に分離したFKEY環境を作り、安心して各種ウェブサイトやリモートデスクトップにアクセスできます。

sconnect_200x200_new_straight

FCI130A(指紋認証)
ハイセキュリティ仕様の指紋認証型FKEY シンクライアント。最新バージョンのFKEY OSを搭載しており、UEFIモード搭載PCにも対応。

757cfa_FCI130A_Straight

FCE130A(パスフレーズ認証)
ハイセキュリティ仕様のパスフレーズ認証型FKEY シンクライアント。最新バージョンのFKEY OSを搭載しており、UEFIモード搭載PCにも対応。

2937_FCE130A_Straight

FCM130A(パスフレーズ認証)
パスワード認証を備えたUSBシンクライアント。 パソコンに挿して起動するだけでシンクライアント端末化を実現。 データ通信、VPNやリモートデスクトップに幅広く対応した標準仕様。

fcm130a_200x200_New_Straight

PAGE TOP