FKEY分離ソフトウェア

セキュリティについて

FKEY SConnect はどのようにしてセキュリティを確保しているのですか?

FKEY SConnectは、Microsoft Client Hyper-Vを使い、Windowsから分離した環境(以降、FKEY分離環境)を構築します。FKEY分離環境には次のような特徴があるため、マルウェア感染などによる情報漏えいや不正操作を防止できます。

・FKEY分離環境とWindows環境とのプログラム間通信やデータによる連携が大幅に限定されるので、相互間のマルウェア感染を防ぎます。
・FKEY分離環境はディスポーサブルOS(起動のたびに元の状態にリフレッシュされるOS)です。そのため、万一どちらかの環境がマルウェアに感染したとしても、次回の起動時、FKEY分離環境はマルウェアの影響のない状態に戻ります。

設定情報ファイルのパスフレーズを忘れてしまった場合はどうなりますか?

FKEY SConnect管理者ツールにて、そのユーザーのパスフレーズを変更し、再度設定情報ファイルを導入してください。

FKEY SConnectをインストールしているPCを紛失した際、不正利用を防ぐ機能はありますか?

FKEY SConnectのセキュア・デスクトップ機能を使っている場合、パスフレーズによって認証を行うため、ユーザー本人以外が使用することはできません。また、FKEY SConnectの設定は暗号化されているため、設定内容を解析することはできません。

FKEY SConnectの設定やプログラムをコピーして他のPCに使うことができますか?

FKEY SConnectの設定はパスフレーズで暗号化されているので、第三者に設定情報ファイルをコピーされても使用することはできません。
また、FKEY SConnectは、1つのライセンスにつき1台のPCにインストールすることを原則としているので、プログラムを他のPCにコピーして使うことはできません。プログラムをコピーすると、起動後にライセンス検証に失敗します。

FKEY SConnect内に保存される情報はありますか?

FKEY SConnectを終了するときにユーザーが保存の指示を行うと、一部の設定が保存され次回起動時にも使用できるようになります。
保存することができる設定は次の通りです。

・VPN装置のクライアントモジュール
・公衆無線LANの暗号化キー
・Webブラウザーの設定(ブックマークやクッキーなど)

パスフレーズはユーザー自身で変更可能でしょうか?

可能です。初期パスフレーズは管理者ツールにて行う必要がありますが、その後のパスフレーズ変更はクライアント側にて可能です。

PCのローカルドライブへのアクセスは可能ですか?

FKEY SConnectでは、ローカルドライブへのアクセスを行えないよう制限しております。

FKEY SConnectの認証の方式は何ですか?

パスフレーズ認証です

PAGE TOP