セキュリティ関連ニュース

Adobeを偽装したメールから、ネット銀行の不正送金ウイルスに感染する恐れ

公開日:2017年10月06日

キーワード:      

「お支払いが確認できませんでした」という件名で、ウイルスをダウンロードさせるメールが拡散中だとして、警視庁サイバーセキュリティ対策本部がTwitterアカウントを通じて注意を呼び掛けている。

メールの具体的な文面は、一般財団法人日本サイバー犯罪対策センター(Japan Cybercrime Control Center:JC3)のウェブサイトで注意喚起情報として公開されている。JC3では、「DreamBot」や「Gozi」(別名「Ursnif」「Snifula」「Papras」など)といったウイルスの感染拡大を図るために出回っているメールについて、情報を取りまとめて発信している。

これらは金融機関のアカウント情報の窃取などを行うウイルスで、感染すると、インターネットバンキングの不正送金などの被害に遭う恐れがある。(INTERNET Watch – 2017/10/06 )

https://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/1084901.html

PAGE TOP